トップ国民体育大会埼玉県選手団埼玉県スポーツ少年団総合型地域スポーツクラブ彩の国 PlatinumKids公認スポーツ指導者顕彰
  • 第72回国体 競泳少年女子B
  • 第72回国体 競泳成年男子
  • 第72回国体本大会 現地激励会
  • 第72回国体 ライフル射撃成年男子
  • 第72回国体 山岳少年男子
  • 第72回国体 テニス成年女子
  • 第72回国体 山岳成年男子
  • 第72回国体 ホッケー少年男子
  • 第72回国体 軟式野球
  • 第72回国体 ハンドボール成年男子
  • 第72回国体 レスリング少年男子
  • 第72回国体 柔道女子
  • 第72回国体 体操競技少年女子
  • 第72回国体 天皇杯第3位
  • 第72回国体 皇后杯第5位
  • 第72回国体 スピードスケート少年男子
  • 第72回国体 アイスホッケー成年男子
  • 第72回国体 ラグビー女子
  • 第72回国体 相撲少年男子
  • 第72回国体 天皇杯・皇后杯賞状


トップ > 総合型地域スポーツクラブ > 総合型地域スポーツクラブが必要とされる背景



総合型地域スポーツクラブが注目されているのには理由があります

総合型地域スポーツクラブが必要とされる背景

今なぜ、総合型地域スポーツクラブが求められているのでしょうか

豊かなスポーツライフのために

スポーツは私たちにさまざまな喜びや楽しみを与えてくれます。心身を健康にし、力を与えてくれます。
そのスポーツとの関わり方は、「する」「見る」「きわめる」「学ぶ」「支える」など、ますます多様になってきました。
そうした人々が、それぞれのライフステージごとに、自分の興味関心に合わせてスポーツができ、関わっていける生活こそ、豊かなスポーツライフといえるでしょう。

 

地域のスポーツの場にある課題

各地域では、これまで様々な形でスポーツ振興、スポーツ環境整備の取り組みが行われてきました。
しかし今現在、スポーツをしたい/関わりたいと思っている人にとっても、スポーツを振興する側にとっても、いろいろな課題が明らかになってきています。
人々の豊かなスポーツライフを実現するには、その課題に目を向けることが必要です。

スポーツを定期的に行う人が増えない
既存のスポーツサークル、チームに入りにくい
レベルや志向が合う仲間やクラブがない
気軽に運動できる場所がない、機会がない
公共施設が、既存団体で独占されている
行政によるサービスに限界
多様化するニーズに、対応できていない
税金によるサービスに質・量とも限界がある
住民の行政まかせ
行政のサービスが当たり前と思っている
スポーツの指導者不足
中学、高校での指導者不足で、好きな運動が継続できない
子どもの体力低下、運動能力低下
運動機会の減少、適切な指導の不足
スポーツをする子としない子の二極化
地域生活、地域社会の課題

一方、人々のスポーツライフを支えるのが地域での生活であり、地域社会です。
しかし、地域社会もまた多様な生活課題を抱えています。

高齢社会が抱える課題
寝たきり、孤独死の増加
生き甲斐、生活の質の低下
医療費の増加
子どもの生育環境の課題
外遊びの減少、遊び場の減少
体力低下、身体能力の低下、健康不安
ストレス増加、精神的不安定
社会性の低下、子どもおよび青少年の犯罪増加
地域の人間関係の希薄化
地域住民同士の交流、支え合いの減少
地域の教育力の衰退

このようなスポーツの問題の解決に貢献し、豊かなスポーツライフの実現を図ることができる、そして背景にある地域社会の問題の解決にもつながると期待されているのが、総合型地域スポーツクラブです。

総合型地域スポーツクラブの特徴へすすむ